呑み食い処 わんだーれ | 日記 | 鹿教湯温泉でのんびり過ごす おすすめ

信州 上田市鹿教湯温泉に飲み食い処登場!。呑んでよし食べてよし。お気軽にお立ち寄りください。

Top >  日記 > 鹿教湯温泉でのんびり過ごす おすすめ

呑み食い処 わんだーれ の日記

鹿教湯温泉でのんびり過ごす おすすめ

2018.09.06

こんにちは。オーナーの竹花です。日ごろよりわんだーれをご利用いただきありがとうございます!。今回初めてサイトに訪れる方もウェルカムです!!。今年の夏、暑かったですね。ここ鹿教湯温泉周辺もいつになく猛暑で避暑に訪れるという感覚ではなかったように思われます。おかげさまで生ビール一番絞りや わんだーれオリジナルハイボールも前年比150%(2017年8月比)の売り上げ。喉を潤す方が多かったんだなーと集計し実感しています。鹿教湯の水を使った強炭酸水も大変好評でハイボールのシュワシュワ感も格別なものとなっております。
さて、わんだーれの近況報告はこれまでにして…。
皆さんは旅行に行く際、何を求め、何に重点を置いていますか?。観光地、名所めぐり?温泉めぐり?緑や紅葉を求めのドライブ?。それぞれに目的はあることでしょう。長野県に訪れるのが初めてな方もいらっしゃいますか? 長野県ってやけに広くて大きい県ですよね。
ご存知でしたか?例えば長野市や伊那市、もっと言えば飯田市、飯山市あたりで宿泊すると長野県全体を巡るのは何日もかけ何箇所もの宿泊地を探さなければなりません。一泊旅行ならピンポイントで宿泊場所を選べばいいのですが数日をかけて長野を楽しむ場合意外にこれがストレスになってしまうんですよね。端から端まで長野県を縦断する事って一日では出来ないくらい広いんですよね。それに宿泊地を温泉が必須といった場合値段が高かったり食事も旅館でいただくとなると結構定番メニューになってしまったり、高かったり。

ここからは、私からの提案です!
連泊するとなると宿代、飲食代、交通費等々馬鹿になりませんよね。どんな旅行の目的だとしてもこれだけはかかる費用。そこでお手伝いできるのが「鹿教湯温泉」。かけゆおんせんって読みます。場所は長野県のちょうど真ん中。国道254号線からほんのちょっと山合いに入ったひなびた温泉。ここを旅行のハブ地として連泊いただき長野県のいろんな場所に行ってもらいということです。参考までに車で旅行される方については軽井沢1時間、松本市30分、安曇野40分、上田市内30分、長野市善光寺1時間15分、大町白馬1時間30分、木曽2時間、白樺湖1時間、霧ヶ峰1時間30分、諏訪湖1時間30分、伊那2時間、飯田市3時間、志賀高原2時間30分等々どこに行くにも最長で3時間くらい。朝出発していろいろ楽しんで夜に再び鹿教湯温泉に戻る。これを数日で楽しみ夜は鹿教湯の温泉で疲れを癒す。
バスも松本、上田のJR駅に接続。上田駅~鹿教湯(約1時間)については片道ワンコインで利用できます。
上田駅~東京は1時間15分。名古屋~松本駅3時間くらい。旅にはちょうどいい移動時間だと思います。連泊で素泊まりにすれば一泊5千円前後で利用できる旅館さんも多数あります。ちょっとだけコマーシャルをさせてもらえるなら夕食と晩酌はわんだーれでお一人1~3千円。もちろん鹿教湯にどっぷりつかり緑や紅葉、川のマイナスイオンを体感するのも日ごろの騒々しさから解放されるのもひとつの旅のメリットかもです。ホント癒されるんですよ鹿教湯って。温泉は単純泉ほぼ無味無臭。飲泉も出来ます。これがまた手前味噌にはなりますがホントあったまるんです!。疲れもしっかり取れてしまうし!!。これはうそじゃありません(笑)。


いろんな旅行に対応できる事、間違いなしです。わんだーれに連絡いただければ鹿教湯のあれこれチャーター、段取りなどコーディネートさせていただきますよ。もちろん無料です!。観光協会さんも親身にアレンジくださりますが、わんだーれだと裏技も伝授できるかと思います。もと旅行添乗員の店長も真剣に企画してくれる事でしょう!。長野県にお越しの際はぜひ鹿教湯温泉を拠点としてご利用ください。
トップページの電話かもしくはfacebookページメッセージ https://www.facebook.com/wonderre/ からコンタクトとってみてください。
旅行は鹿教湯温泉宿泊で決まり!っ

鹿教湯温泉でのんびり過ごす おすすめ

日記一覧へ戻る

【PR】  婦人服むつや@AEON社店  穴川キッズアトリエ・ベアヒェン  山地不動産企画  (株)綱島名店会館 | (株)オータニ リアルエステート  エイトスターダイヤモンド